2021年臨時国会提出の請願書のための署名集めのお願い

更新日:2021年5月23日

2021年秋の臨時国会に提出するための自筆の署名集め*のご協力をお願いいたします。今年は衆議院の任期満了に伴い総選挙が行われる予定です。総選挙の日程は、オリンピックが開催されれば9月、そうでなければ6月にも行われるのではないかと報道では憶測されているようです。参議院の13の紹介議員の方々はそのままですが、衆議院選挙の後も14のすべての紹介議員の方が国会議員の議席を確保されるよう願っています。


秋の臨時国会の開催時期の予想は難しいですが、10月ぐらいには提出できるよう請願書の準備を進めたいと思います。通常は夏の分は6月30日の締め切りになっていますが、少し延長して8月中旬ぐらいまでに担当(宛先はkokusekiseigan@gmail.comでお尋ねください)まで送っていただけると嬉しいです。署名用紙はHPのほうからダウンロードしてください。まだまだ日本ではコロナ禍の規制が続く中、署名集めは難しい状況ですが、どうかみなさまのご家族や周囲の方々からのご協力をなにとぞよろしくお願いいたします。


*自筆の署名とは

当会が国会に提出している請願書に添付する署名は自筆でなければなりません。これは憲法第16条で国民の権利として保障されている請願法の規定に基づいて紹介議員を通して国会の請願課に提出される署名ですので、この国会で定められた方法で提出しなければなりません。この規定では、ネット上で集めたデジタルの署名は提出できないことになっています。

下記の衆議院ホームページの「請願・陳情書・意見書の手続き」の記述をご参照ください。

ーーーーーーーーーーーーーー

2.請願の提出

 請願書は、議員の紹介により提出しなければなりません。

ー(中略)ー


請願書見本  請願書は次のような様式で作成してください。外国語による請願書の場合には、訳文を添付してください。 (1)表紙について 請願書の提出先は、衆議院議長としてください。

  1. 「 に関する請願書」と請願の題名を記載してください。

  2. 紹介議員氏名の署名欄を設けてください。

  3. 請願者の住所氏名を記載してください。氏名は自筆によることが原則です。印刷された文字などによる場合や複写されている場合は押印が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーー

閲覧数:97回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナの水際対策もようやく緩和され、日本もやっとビザなしでの外国人の入国が許可されるようになりました。日常生活でもミーティングや知人との会合などの状況が元に戻りつつあるのではないでしょうか。この2年ほどのコロナ対策のもとでは、人と会う機会が少なくなっていたせいか、当会の署名集めの活動にも多大な影響がありましたが、それでも数少ない署名を何とか請願書にして国会提出を続けています。 そこで、来年の通常国

長年複数国籍について研究活動をされている武田里子先生から、日本の現況についてのご寄稿をいただきました。すでに2021年にWJWNに発表されているものですが、状況がよくわかるよう簡便にまとめられています。ぜひ多くの方に読んでいただきたく、こちらにも掲載いたします。 はじめに この原稿では、日本国内の複数国籍をめぐる最近の動向について紹介します。「日本では複数国籍は認められていない」と言われていますが