日弁連の「国籍選択制度に関する意見書」

最終更新: 1月21日

日本弁護士連合会のホームページには、2008年12月、内閣総理大臣、法務大臣、衆議院議長及び参議院議長、各政党に提出された「国籍選択制度に関する意見書」と、2017年6月、法務大臣、内閣総理大臣、衆議院議長及び参議院議長宛てに提出された「国籍留保・喪失制度に関する意見書」がアップされています。

許可を得たうえで以下にリンクさせていただきました。

参照元のサイトはこちらです。 


こちらは「国籍選択制度に関する意見書」です。

本意見書について

本意見書は、日弁連人権擁護委員会に対し、異なる国籍の両親から生まれた複数国籍者等について国籍選択を義務づける現行制度は基本的人権を侵害するものであるとして人権救済申立がなされたことを契機として、現行の国籍選択制度の運用及び改正について意見を述べたものです。


日弁連は、2008年11月19日の理事会において、本意見書を取りまとめ、同年12月9日、内閣総理大臣、法務大臣、両議院議長及び各政党に提出しました。


意見書の要旨

意見書の要旨は、下記のとおりです。


  1. 異なる国籍の両親から生まれた複数国籍者や、外国籍者との婚姻等に際して自動的に複数国籍者となった者については国籍選択義務の適用がないように国籍法を改正すべきである。

  2. 国籍法が改正されるまで、同法15条1項に基づく国籍選択の催告をしない運用を維持されたい。

  3. 国籍留保制度、自ら他の国籍を取得した場合の国籍喪失制度についても、複数国籍保持を容認する方向での国籍制度を検討すべきである。


意見書全文(PDF形式・85KB)

38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

入管法「改正」の強行採決に対して、衆議院の法務委員会の国会議員にFaxで会の要望を送信しました。

5月18日には衆議院の法務委員会で、与党が入管法改正の強行採決を行うのではと報道されていましたが、世論では大きな反対意見が盛り上がりました。 当会でも17日に、自民党本部、衆議院の国会対策委員2名、法務委員会所属の国会議員33名宛てに下記のような要望書をFaxで送りました。 採決の期日が翌日と迫る中、国内の会員3名が素早く手分けして送信してくれたことに感謝します。 与党は採決をあきらめ、今国会での

2021年臨時国会提出の請願書のための署名集めのお願い

2021年秋の臨時国会に提出するための自筆の署名集め*のご協力をお願いいたします。今年は衆議院の任期満了に伴い総選挙が行われる予定です。総選挙の日程は、オリンピックが開催されれば9月、そうでなければ6月にも行われるのではないかと報道では憶測されているようです。参議院の13の紹介議員の方々はそのままですが、衆議院選挙の後も14のすべての紹介議員の方が国会議員の議席を確保されるよう願っています。 秋の

海外在住の日本人の外国籍取得に関するアンケートにご協力ください

「国際結婚を考える会(Japan Association of Intercultural Families)」では、日本人の外国籍取得に関するアンケートを作成致しました。本調査の対象となる方は、海外在住の日本人(または元日本人)の方です。日本にお住まいの方、更に海外在住の方は、ぜひ、お知り合いの海外在住の日本人の方々にアンケートのリンク(以下)をお送りください。また、ご回答くださる予定の方にも、