top of page

国籍はく奪条項違憲訴訟 東京高裁 第2回口頭弁論のご報告

更新日:2021年12月23日

11月30日に、東京高等裁判所で控訴審・第2回口頭弁論が開かれ、その後、弁護団の主催で報告会を開いていただき、当会会員にもウェビナー参加の機会が設けられました。

弁護団の方々は、今回が結審で、次回に判決が言い渡されるのではと予想されていたそうですが、裁判官は被告の国側にさらなる意見提出を求め、それをもとに原告側もさらなる準備書面を用意し、2022年3月29日に次回の公判が開かれることになりました。

違憲訴訟弁護団のホームページから、口頭弁論の準備書面についてわかりやすく説明されているページをご紹介します。



私がこの日の報告で一番記憶に残ったことは、この裁判が勝訴になればどの範囲の日本国籍をすでに喪失した人が救済される可能性があるのかという質問に、仲弁護士が、この裁判の原告の中で日本国籍を喪失した人の一番古い例が1997年なので、少なくともその年にさかのぼって、それ以降に外国籍を取得し日本国籍を自動喪失した人への救済が可能なのではないか、と回答されたことです。違憲裁判の判決は、そのような意味を持っているのですね。

閲覧数:149回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アベマプライムで二重国籍の特集番組

国際結婚を考える会のトルン紀美子さんが、先日放送されたAbema Prime に出演されました。最近ドイツで二重国籍を容認する法改正があったことを受け、特集としてテーマとなっていました。 番組での議論は時間制限もあり、もどかしいものだったと言わざるを得ません。グローバル社会の二重国籍容認については、反対派側の意見として、二重国籍は悪であるから認めるべきではない、といった論調になりがちです。根拠の薄

Comments


bottom of page