日弁連の「国籍選択制度に関する意見書」

最終更新: 2020年6月10日

日本弁護士連合会のホームページには、2008年12月、内閣総理大臣、法務大臣、衆議院議長及び参議院議長、各政党に提出された「国籍選択制度に関する意見書」と、2017年6月、法務大臣、内閣総理大臣、衆議院議長及び参議院議長宛てに提出された「国籍留保・喪失制度に関する意見書」がアップされています。

許可を得たうえで以下にリンクさせていただきました。

参照元のサイトはこちらです。 


こちらは「国籍選択制度に関する意見書」です。

本意見書について

本意見書は、日弁連人権擁護委員会に対し、異なる国籍の両親から生まれた複数国籍者等について国籍選択を義務づける現行制度は基本的人権を侵害するものであるとして人権救済申立がなされたことを契機として、現行の国籍選択制度の運用及び改正について意見を述べたものです。


日弁連は、2008年11月19日の理事会において、本意見書を取りまとめ、同年12月9日、内閣総理大臣、法務大臣、両議院議長及び各政党に提出しました。


意見書の要旨

意見書の要旨は、下記のとおりです。


  1. 異なる国籍の両親から生まれた複数国籍者や、外国籍者との婚姻等に際して自動的に複数国籍者となった者については国籍選択義務の適用がないように国籍法を改正すべきである。

  2. 国籍法が改正されるまで、同法15条1項に基づく国籍選択の催告をしない運用を維持されたい。

  3. 国籍留保制度、自ら他の国籍を取得した場合の国籍喪失制度についても、複数国籍保持を容認する方向での国籍制度を検討すべきである。


意見書全文(PDF形式・85KB)

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

違憲訴訟弁護団のお一人、近藤博徳弁護士のインタビュー記事

2020年12月3日発行の月刊弁護士ドットコムタイムズvol.57 に掲載された特集記事「フロントランナーの肖像No.57 近藤博徳氏」がウェッブ上で公開されました。 近藤弁護士は、2008年の国籍法第3条1項の非摘出子の子どもにも父親の日本国籍が取得できるという法改正につながった違憲裁判に勝訴された他、国籍留保届の第12条の裁判など数々の国籍法裁判に関わってこられました。 その際の、判決だけでは

請願用署名へのご協力のお願い

2020年秋の臨時国会は10月26日に開かれるということで、今回も請願書を作成し紹介議員に届けるよう準備しました。このために集められた署名は、今年の夏ごろまでに集まったものですが、署名集めにもコロナの影響は顕著に現れました。職場や学校、集会やホビーグループなど、人との集まりが世界中で制限されたため、署名を集めるための機会がほとんどなくなったので、集まった署名数は半減しました。 来年1月には、国籍は

​国際結婚を考える会

Japan Association of Intercultural Families​

​canpan任意団体1028313524

kokusaikekkonwokangaerukai@gmail.com

​サイトサーチ

​口座情報

ゆうちょ銀行 記号:10140 

番号:13022521

名義:コクサイケッコンヲカンガエルカイ

他行から振り込む場合は:
ゆうちょ銀行

店名:〇一八 (ゼロイチハチ) 

普通預金  口座番号:1302252

ご寄付の場合は、お名前とご寄付であることを明記して上記口座にお振込みくださるようお願いいたします。