2021年秋の臨時国会への請願書提出について

当会は毎年二回の国会の会期に合わせて請願書を提出する活動を続けています。5月にはこのページでも2021年秋の臨時国会に提出するための署名集めをお願いしました。


今年の秋の国会は、自民党の総裁選の都合によってか開会がかなり遅れ、岸田政権が発足したもののすぐに解散総選挙が行われる見通しです。これによる臨時国会や選挙後の特別国会の会期も大変短いものとなると予想されます。せっかく集まっている大切な署名ですから、提出は来年の通常国会に持ち越すことになりました。


これまでに当会に届いている署名は、一筆も無駄にせず国会に届けたいと考えています。次の1月5日の締め切りまで、皆様からのたくさんのご協力をお願いいたします。

これまでの請願提出の報告と結果も併せてご参照ください。

閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

長年複数国籍について研究活動をされている武田里子先生から、日本の現況についてのご寄稿をいただきました。すでに2021年にWJWNに発表されているものですが、状況がよくわかるよう簡便にまとめられています。ぜひ多くの方に読んでいただきたく、こちらにも掲載いたします。 はじめに この原稿では、日本国内の複数国籍をめぐる最近の動向について紹介します。「日本では複数国籍は認められていない」と言われていますが

この夏には参議院選挙が行われますが、そのあと開かれる臨時国会用に提出する署名を集めています。 ホームページの「請願署名用紙」のページから用紙をダインロードして印刷できます。裏表を印刷しなくても、署名欄だけ印刷して署名を集めてくださっても結構です。署名の送り先は、contact@kokusaikazoku.com にメールでお尋ねください。 ホームページでは署名の締め切り日を6月30日にしていますが