当会の協力団体「居留問題を考える会」が外務大臣表彰を受賞されました。

更新日:2021年10月11日


台湾の「居留問題を考える会」から下記のようなご報告をいただきました。

いつも当会の国籍法改正の請願署名活動に多大なご協力をいただいています。

心よりお慶び申し上げるとともに、今後の益々のご活躍を祈念したいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつも当会の活動にご協力いただきまして、誠にありがとうございます。 さて、当会にとって喜ばしいニュースがございます。 日本の外務省は、8月20日付けで日本との友好親善関係の増進に貢献した個人や団体に贈られる外務大臣表彰の受賞者を発表しました。台湾からは1個人、2団体が選ばれました。詳細は以下のサイトをご参照ください。 この受賞者に当会が団体として選ばれ、2021年度外務大臣表彰を受賞することになりました。皆様に、謹んでご報告申し上げます。 1999年より活動を開始して以来、22年以上の長きに渡る各種の活動に対して日本政府より評価を頂き、この度の受賞となりましたこと大変光栄に存じます。 これもひとえに会員並びにサポーターの皆様方の多大なるご支援ご協力の賜物と深く感謝申し上げます。また、皆様にはご一緒にお慶びいただければ幸甚に存じます。 今後とも引き続きご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。 居留問題を考える会 役員一同 外務省/令和3年度外務大臣表彰:

https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press6_000889.html?fbclid=IwAR1IwwGAFYzjV5AZT2gvv15WeiGO1E7x2raty0WLoiYYQz5ekvx8D6ZIu1Y 日本台湾交流協会のFB:

https://www.facebook.com/442234659197566/posts/4210770242343970/?d=n 外務大臣表彰 台湾から人気バンドFire FX.、現地日本人団体ら受賞:

https://t.co/pgVZIKts0Y?amp=1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナの水際対策もようやく緩和され、日本もやっとビザなしでの外国人の入国が許可されるようになりました。日常生活でもミーティングや知人との会合などの状況が元に戻りつつあるのではないでしょうか。この2年ほどのコロナ対策のもとでは、人と会う機会が少なくなっていたせいか、当会の署名集めの活動にも多大な影響がありましたが、それでも数少ない署名を何とか請願書にして国会提出を続けています。 そこで、来年の通常国

長年複数国籍について研究活動をされている武田里子先生から、日本の現況についてのご寄稿をいただきました。すでに2021年にWJWNに発表されているものですが、状況がよくわかるよう簡便にまとめられています。ぜひ多くの方に読んでいただきたく、こちらにも掲載いたします。 はじめに この原稿では、日本国内の複数国籍をめぐる最近の動向について紹介します。「日本では複数国籍は認められていない」と言われていますが