top of page

請願用署名へのご協力のお願い

更新日:2021年1月22日

2020年秋の臨時国会は10月26日に開かれるということで、今回も請願書を作成し紹介議員に届けるよう準備しました。このために集められた署名は、今年の夏ごろまでに集まったものですが、署名集めにもコロナの影響は顕著に現れました。職場や学校、集会やホビーグループなど、人との集まりが世界中で制限されたため、署名を集めるための機会がほとんどなくなったので、集まった署名数は半減しました。

来年1月には、国籍はく奪条項違憲訴訟の判決も出る予定です。国籍問題が報道などでも注目をひくことになると予想されるので、通常国会に提出する請願署名はなおさら重要な意味を持ってきます。

そこで、複数国籍への法改正を願う皆様に心からのお願いです。それぞれご自分とご家族や、ご理解いただける会える範囲のお知り合いの方から、少数でもいいので署名を集めて送っていただけませんか。署名用紙も一新しました。HPの「請願署名用紙」のページからダウンロードできるようになっています。国内の方は、国内の署名の宛先に2021年1月5日ぐらいまでに、海外の方は海外の宛先に1月末ぐらいまでに着くように送ってください。送り先の住所は kokusekiseiganアットマークgmail.com にお問い合わせください。

国会の請願課に紹介議員を通して提出する請願署名は自筆でなければならないので、インターネットで集めることができません。みなさまからの一つ一つの自筆の署名を郵送して送ってくださることが私たちの大きな支えになります。ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。


追記 2021年1月21日: 

この署名集めは1月5日に締め切られました。今回集まった署名は通常国会に提出しますので、そのご報告は通常国会が終了した6月以降に請願報告のページでお知らせします。次回の署名の締め切りは6月30日で秋の臨時国会用ですので、また署名のご協力をどうぞよろしくお願いします。

閲覧数:133回0件のコメント

最新記事

すべて表示

去る1月14日、国際政治経済学博士で作家の陳天璽(ちんてんじ)さんを講師にお招きして、「無国籍と複数国籍〜国籍とは何か?」というタイトルのオンライン講演会を開催しました。一般公開のオンラインイベントで、当日の参加者数は52名でした。国籍について関心を持っておられる国際家族の皆さんに多数ご参加頂けて大変嬉しく思っております。 陳天璽さんは横浜中華街出身で、早稲田大学教授、NPO法人「無国籍ネットワー

bottom of page