請願用署名へのご協力のお願い

最終更新: 1月21日

2020年秋の臨時国会は10月26日に開かれるということで、今回も請願書を作成し紹介議員に届けるよう準備しました。このために集められた署名は、今年の夏ごろまでに集まったものですが、署名集めにもコロナの影響は顕著に現れました。職場や学校、集会やホビーグループなど、人との集まりが世界中で制限されたため、署名を集めるための機会がほとんどなくなったので、集まった署名数は半減しました。

来年1月には、国籍はく奪条項違憲訴訟の判決も出る予定です。国籍問題が報道などでも注目をひくことになると予想されるので、通常国会に提出する請願署名はなおさら重要な意味を持ってきます。

そこで、複数国籍への法改正を願う皆様に心からのお願いです。それぞれご自分とご家族や、ご理解いただける会える範囲のお知り合いの方から、少数でもいいので署名を集めて送っていただけませんか。署名用紙も一新しました。HPの「請願署名用紙」のページからダウンロードできるようになっています。国内の方は、国内の署名の宛先に2021年1月5日ぐらいまでに、海外の方は海外の宛先に1月末ぐらいまでに着くように送ってください。送り先の住所は kokusekiseiganアットマークgmail.com にお問い合わせください。

国会の請願課に紹介議員を通して提出する請願署名は自筆でなければならないので、インターネットで集めることができません。みなさまからの一つ一つの自筆の署名を郵送して送ってくださることが私たちの大きな支えになります。ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。


追記 2021年1月21日: 

この署名集めは1月5日に締め切られました。今回集まった署名は通常国会に提出しますので、そのご報告は通常国会が終了した6月以降に請願報告のページでお知らせします。次回の署名の締め切りは6月30日で秋の臨時国会用ですので、また署名のご協力をどうぞよろしくお願いします。

117回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

入管法「改正」の強行採決に対して、衆議院の法務委員会の国会議員にFaxで会の要望を送信しました。

5月18日には衆議院の法務委員会で、与党が入管法改正の強行採決を行うのではと報道されていましたが、世論では大きな反対意見が盛り上がりました。 当会でも17日に、自民党本部、衆議院の国会対策委員2名、法務委員会所属の国会議員33名宛てに下記のような要望書をFaxで送りました。 採決の期日が翌日と迫る中、国内の会員3名が素早く手分けして送信してくれたことに感謝します。 与党は採決をあきらめ、今国会での

2021年臨時国会提出の請願書のための署名集めのお願い

2021年秋の臨時国会に提出するための自筆の署名集め*のご協力をお願いいたします。今年は衆議院の任期満了に伴い総選挙が行われる予定です。総選挙の日程は、オリンピックが開催されれば9月、そうでなければ6月にも行われるのではないかと報道では憶測されているようです。参議院の13の紹介議員の方々はそのままですが、衆議院選挙の後も14のすべての紹介議員の方が国会議員の議席を確保されるよう願っています。 秋の

海外在住の日本人の外国籍取得に関するアンケートにご協力ください

「国際結婚を考える会(Japan Association of Intercultural Families)」では、日本人の外国籍取得に関するアンケートを作成致しました。本調査の対象となる方は、海外在住の日本人(または元日本人)の方です。日本にお住まいの方、更に海外在住の方は、ぜひ、お知り合いの海外在住の日本人の方々にアンケートのリンク(以下)をお送りください。また、ご回答くださる予定の方にも、