日弁連の「国籍留保・喪失制度に関する意見書」

最終更新: 3日前

日本弁護士連合会のホームページには、2008年12月、内閣総理大臣、法務大臣、衆議院議長及び参議院議長、各政党に提出された「国籍選択制度に関する意見書」と、2017年6月、法務大臣、内閣総理大臣、衆議院議長及び参議院議長宛てに提出された「国籍留保・喪失制度に関する意見書」がアップされています。

許可を得たうえで以下にリンクさせていただきました。

参照元のサイトはこちらです。


こちらは「国籍留保・喪失制度に関する意見書」です。

本意見書について

日弁連は、2017年6月15日付けで「国籍留保・喪失制度に関する意見書」をとりまとめ、6月28日付けで法務大臣、内閣総理大臣、衆議院議長及び参議院議長宛てに提出しました。

本意見書の趣旨

出生により外国の国籍を取得した日本国民で国外で出生した者は、父母等により3か月の間に国籍留保の意思表示をしなければ日本国籍を喪失するものとし、一旦喪失した日本国籍を再取得するには、20歳になる前に日本に住所を有して国籍再取得の手続をしなければならないとする現行の国籍法上の国籍留保・喪失に関する制度を廃止し、出生の時に父又は母が日本国民である子は、その出生地にかかわらず、特別な手続を要することなく日本国籍を保持できるよう、国籍法を改正すべきである。 意見書全文 (PDFファイル;335KB)


20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

国籍を奪わないでください!

昨年暮れに、国籍剥奪条項違憲訴訟の判決に向けて、議員会館にて国会議員向けに弁護団の説明会を開催することが決まりました。「国際結婚を考える会」は同説明会の共催者となり、お世話になっている紹介議員の方々を通じて会場の手配や案内書配布などのお手伝いをさせて頂き、説明会は報道関係の方も参加され、1月19日に行われました。請願係としてこれまで活動して来たことが、こういった場面でも活かされ、少しでもお役に立て

二重国籍認めないのは憲法違反の訴え 初の司法判断へ

日本が二重国籍を認めない理由について、菅原教授は「国際法の理念とされてきた国籍は1つであるべきだという考え方が、まだ支配的だからだ。多様性をいかに認めるかについて、日本の場合は遅れているのではないか」と指摘しています。

複数国籍容認、世界の76%

外国籍取得後も従来の国籍保有を認める国は欧米を中心に世界の4分の3に上り、日本のように一つに限定する国は少数派になりつつある。

​国際結婚を考える会

Japan Association of Intercultural Families​

​canpan任意団体1028313524

kokusaikekkonwokangaerukai@gmail.com

​サイトサーチ

​口座情報

ゆうちょ銀行 記号:10140 

番号:13022521

名義:コクサイケッコンヲカンガエルカイ

他行から振り込む場合は:
ゆうちょ銀行

店名:〇一八 (ゼロイチハチ) 

普通預金  口座番号:1302252

ご寄付の場合は、お名前とご寄付であることを明記して上記口座にお振込みくださるようお願いいたします。