違憲訴訟弁護団のお一人、近藤博徳弁護士のインタビュー記事

更新日:2021年1月10日

2020年12月3日発行の月刊弁護士ドットコムタイムズvol.57 に掲載された特集記事「フロントランナーの肖像No.57 近藤博徳氏」がウェッブ上で公開されました。

近藤弁護士は、2008年の国籍法第3条1項の非摘出子の子どもにも父親の日本国籍が取得できるという法改正につながった違憲裁判に勝訴された他、国籍留保届の第12条の裁判など数々の国籍法裁判に関わってこられました。

その際の、判決だけではわからない裁判の経過、法改正の駆け引きや、その後の運用の実情についてのお話、また、今回の日本国籍自動喪失規定の11条1項の違憲訴訟の見通しについて語られています。



閲覧数:126回0件のコメント

最新記事

すべて表示

長年複数国籍について研究活動をされている武田里子先生から、日本の現況についてのご寄稿をいただきました。すでに2021年にWJWNに発表されているものですが、状況がよくわかるよう簡便にまとめられています。ぜひ多くの方に読んでいただきたく、こちらにも掲載いたします。 はじめに この原稿では、日本国内の複数国籍をめぐる最近の動向について紹介します。「日本では複数国籍は認められていない」と言われていますが

この夏には参議院選挙が行われますが、そのあと開かれる臨時国会用に提出する署名を集めています。 ホームページの「請願署名用紙」のページから用紙をダインロードして印刷できます。裏表を印刷しなくても、署名欄だけ印刷して署名を集めてくださっても結構です。署名の送り先は、contact@kokusaikazoku.com にメールでお尋ねください。 ホームページでは署名の締め切り日を6月30日にしていますが