top of page

違憲訴訟弁護団のお一人、近藤博徳弁護士のインタビュー記事

更新日:2021年1月11日

2020年12月3日発行の月刊弁護士ドットコムタイムズvol.57 に掲載された特集記事「フロントランナーの肖像No.57 近藤博徳氏」がウェッブ上で公開されました。

近藤弁護士は、2008年の国籍法第3条1項の非摘出子の子どもにも父親の日本国籍が取得できるという法改正につながった違憲裁判に勝訴された他、国籍留保届の第12条の裁判など数々の国籍法裁判に関わってこられました。

その際の、判決だけではわからない裁判の経過、法改正の駆け引きや、その後の運用の実情についてのお話、また、今回の日本国籍自動喪失規定の11条1項の違憲訴訟の見通しについて語られています。



閲覧数:190回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アベマプライムで二重国籍の特集番組

国際結婚を考える会のトルン紀美子さんが、先日放送されたAbema Prime に出演されました。最近ドイツで二重国籍を容認する法改正があったことを受け、特集としてテーマとなっていました。 番組での議論は時間制限もあり、もどかしいものだったと言わざるを得ません。グローバル社会の二重国籍容認については、反対派側の意見として、二重国籍は悪であるから認めるべきではない、といった論調になりがちです。根拠の薄

Comments


bottom of page