複数国籍容認、世界の76%

「外国籍取得後も従来の国籍保有を認める国は欧米を中心に世界の4分の3に上り、日本のように一つに限定する国は少数派になりつつある。」


1月22日付の時事ドットコムニュースの記事です。リンクから続きをお読みください。


もともと日本人である人々から、日本国籍をはく奪しても構わないという論法はどうしてなくならないのでしょうか。その理由が国籍がダブルから、というのもなぜダブってはいけないのかが判然としません。他の国がそうだから、などと言っているうちに世界の方は実情に合わせて変わってきています。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当会の協力団体「居留問題を考える会」が外務大臣表彰を受賞されました。

台湾の「居留問題を考える会」から下記のようなご報告をいただきました。 いつも当会の国籍法改正の請願署名活動に多大なご協力をいただいています。 心よりお慶び申し上げるとともに、今後の益々のご活躍を祈念したいと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー いつも当会の活動にご協力いただきまして、誠にありがとうございます。 さて、当会にとって喜ばしいニュースがございます。 日本の外務省は、8