二重国籍認めないのは憲法違反の訴え 初の司法判断へ

原告は「国籍法は明治時代に作られた法律をもとにしていて、早急に見直さなければならない。この法律によって海外に住む多くの日本人が苦労している」と訴え、今回の裁判をきっかけに二重国籍についての議論が活発になることに期待を示しました。二重国籍を認めない規定が憲法に違反するか争われた裁判は初めてです。


1月21日付のNHK ニュースです。リンクからご覧になれます。

この訴訟の背景や当事者事情の一旦などがレポートされています。判決は21日午後1時すぎに東京地方裁判所で言い渡されます。


追記:

21日の東京地裁の判決は、訴えを退けるものでした。憲法では国籍を維持する権利までは保障していない、はく奪は合憲であるなどとしています。この規定をめぐる憲法判断は初めてとみられます。

朝日デジタルの記事です。リンクからご覧ください。



57回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当会の協力団体「居留問題を考える会」が外務大臣表彰を受賞されました。

台湾の「居留問題を考える会」から下記のようなご報告をいただきました。 いつも当会の国籍法改正の請願署名活動に多大なご協力をいただいています。 心よりお慶び申し上げるとともに、今後の益々のご活躍を祈念したいと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー いつも当会の活動にご協力いただきまして、誠にありがとうございます。 さて、当会にとって喜ばしいニュースがございます。 日本の外務省は、8